お葬式に欠かせぬ葬儀業者が担う役割

お葬式をつつがなく準備をして進行させる上で、葬儀業者の存在が欠かせないことは、一般的に認識されているとおりです。故人が逝去し、限られた時間内で、専門知識やネットワークを持たない一般人が、お葬式に必要な段取りを、自分達だけで整えることは難しいでしょう。こうした決して耐えることのない世の中のニーズに応え、遺族を的確にサポートすべく、全国各地には数多くの葬儀業者が点在していることもまた、周知の事実です。

実際にご家族のどなたかが逝去された経験を持っていたら、葬儀業者がどれだけ多くの作業を代行、あるいはフォローしてくれる頼もしい存在であるのか、直ぐに思い出せる人も少なくありません。亡くなって連絡を入れれば、速やかに担当者が駆けつけてくれ、通夜や葬儀告別式へと続く一連の流れに際し、どのような準備が必要なのか、喪主と家族で対応すべき作業はどんなことなのかを、わかりやすく説明してくれます。遺族は全幅の信頼を寄せて指示に従い、参列をお願いする相手先への連絡など、自分達で対応可能な作業だけに専念しつつ、参列者をお迎えできるのも、葬儀業者の存在あればこそです。

こうした喪主とその家族が直接立ち会わない部分の作業においても。葬儀業者の担当者は重要な役割を担います。通夜ぶるまいなど料理の手配、斎場から火葬場へ移動する遺族と参列者の足の確保と手配してくれます。また火葬場の予約などを、時間との闘いの中で確実に整え、タイムスケジュールを構築し遺族に簡潔に伝えてくれます。大切な家族を亡くした悲しみと心理的な動転と不安の中、細やかな心遣いを忘れぬスタッフのサポートは、お葬式が一段落し次第に落ち着きを取り戻し始める中、あらためて感謝の気持ちが湧き上がることもあるでしょう。

また多くの家族は、万一が生じた際に速やかに連絡可能な葬儀業者を、既に決めているというケースも少なくありません。早い段階から無理なく葬儀費用を積み立てておけるプランなど、突然の不幸である親族間の金銭面の揉め事につながるリスクを回避する意味でも、こうした備えをしておくと安心です。